オフィスミードに関するよくある質問と答え

Q1 得意分野は?

A1 長文を主体とした情報発信ツール全般です
オフィスミード運営者である土谷圭はPR(広報)畑出身。カタログやパンフレット、企業の会社案内やPR誌、新聞や雑誌の記事広告を主に手がけてきた経験から、まとまったボリュームのある印刷物や刊行物、長文を主体とした情報発信を得意としています。また、近年ではネット時代の要請からコーポレートサイトのライティングからコンテンツSEOを目的とした記事作成も数多く手がけています。

Q2 得意業種は?

A2 住宅、不動産、一般企業、医療機関、学校法人など
メインとなるクライアントは、一般企業、学校法人、地方自治体、各種団体と多岐にわたっています。また業種で言えば住宅メーカーや不動産(ディベロッパー)、大学、専門学校などの教育機関、病院、クリニック(歯科関連などが主体)など医療機関の仕事が近年では多くなっています。※他に流通、外食、IT、製造、リクルーティングなど各業種にも対応できます。

詳しくはこちらを参照ください。

Q3 成果物(サンプル)は見られるか?

A3 メールフォームにてご請求ください
当サイトでは、発注元、クライアントの了解を得ずに成果物のサンプルを掲載しません。オフィスミードの実績をご覧になりたい場合は、お手数ですがメールフォームにて申し込みください。その際、ご覧になりたい成果物のジャンル(媒体・業種など)をご指定ください。折り返し該当する作品の画像または当該サイトのURLを送付させていただきます。

Q4 料金は?

A4 基準料金(税別)を示します

印刷媒体
¥5,000〜10,000/800字換算
WEB(コーポレートサイト・コンテンツSEO)
¥3,000〜/頁(1,200〜1,500字前後)

※条件により異なります。詳しくはお問い合わせください。

キャッチコピー
ご相談承ります。
ネーミング
ご相談承ります。
取材・打合せ日当
¥10,000〜/日(半日も含まれる)※遠隔地の場合、交通費、宿泊代も請求対象になります。

ただし、上記はあくまで原則値であり、額面どおり適用できないケースもあります。まずは相談いただいた上で、案件の内容などを勘案しながら概算見積もりをご提出差し上げます。

Q5 印刷媒体とWEBで金額が大きく異なる理由は?

A5 仕事のやり方や取引条件などの違いが反映されています
確かに印刷媒体のライティングとWEBライティングでは金額に開きがあります。これは仕事の進め方に違いがあるからで、印刷媒体よりもWEBでは分業体制が確立しており、ライターの負担が大幅に小さいためです。下記に主な取引先であるWEB制作会社A社の一例を挙げ、仕事や支払いの条件について典型的なケースをご紹介します。なお、すべてのWEBライティングで同条件が成立するわけではなく、場合によっては金額面などで調整が必要な場合もあります。

WEB制作会社・A社の条件

ランク
Sランク(A社が位置付けているライターのランクで最上位)
取材
原則なし
資料
ライティング用指示書と資料を全支給、または参考サイトのURL支給。基本的には指示書と資料だけで記事作成ができ、ライター自身で資料を探す必要がない。
修正
記事の不備や抜けなどがない限り、修正依頼はなし。校正、編集はA社で行い、最終的な体裁を整える。
支払い条件
納品月の月末〆で翌月末払い


Q6 遠方だが対応できるか?

A6 キックオフミーティングや客先でのヒヤリングなど、重要な局面に対応します
オフィスミードの所在地は東京都足立区ですが、主な取引先は都内、千葉県内をはじめ首都圏に広く点在しています。この範囲内であれば、お打ち合わせや取材などなんら支障なく対応することができます。また関東エリア外からのお仕事依頼についても、電子メールやスカイプなどを活用して効率的に進めることが可能です。

Q7 企画コンペに参加できるか?

A7 ご相談承ります
企画立案に伴うブレーンストーミングへの参加からコンセプトづくり、ビジュアルまでを含めた表現案、企画書の作成、客先でのプレゼンテーションまで、ご要望に応じてお力になります。なお、この場合、コンペの成否に関わらず、実働の対価を申し受けます。また指名を獲得した場合は、貢献度に応じた成功報酬をご請求させていただきます。

Q8 WEBサイトづくりや運営はまかせられるか?

A8 企画・コンテンツ作成にのみ対応いたします
一般的なWEBデザインやコーディング、実装、運営については守備範囲の外であり、あくまでコンテンツ企画やコピーライティングが仕事の主体となります。

Q9 取引に関わる情報は守れるか?

A9 仕事を通じて知り得た情報は他に漏らしません
オフィスミードは、職務上知り得た取引先情報および個人情報、企業経営上の機密は厳に保持し、これを他に漏らしません。また、仕事を進める上で取引先よりお預かりした資料は返却の必要があればプロジェクト終了後速やかに返却し、破棄すべきものであればシュレッダーにて破砕するなどの措置を取ります。

システム構成(2016年3月現在)

OS
Windows10/MAC OS10.11.3
アプリケーション
OFFICE2016(Win)/OFFICE2016 for MAC
データ管理(ストレージ)
クラウド:ワンドライブ/googleドライブ
ローカルバックアップ:外付HD/DVD-R